エクスプレス予約で割引料金で新幹線に乗る

東海道・山陽新幹線には、会員になるとお得に新幹線に乗れるエクスプレス予約というサービスがある。
エクスプレス予約は会員になると、ネットで新幹線のチケットを割引価格で予約・購入できるサービスで、年会費は1,080円かかるが、年に何度も新幹線を利用する方にとっては、かなり重宝するサービス。
では、このエクスプレス予約はどのようにすれば利用でき、どのようなメリットがあるのかご紹介しよう。

 

 

エクスプレス予約の利用をお考えの方へ!

往復&宿泊での新幹線旅行には、エクスプレス予約より新幹線ホテルパックの方が安いです!
座席も事前に確保することができ、予約したチケットは郵送で届くので安心です。

 

おすすめの新幹線ホテルパック⇒日本旅行「JR・新幹線&宿泊」セットプラン

 

エクスプレス予約を利用するには?

エクスプレス予約会員になるには、JR東海のエクスプレスカード、または、JR西日本のJ-WESTカードに入会することが必要。会員登録すれば、携帯電話やパソコンなどから、簡単にお得に新幹線チケットの予約ができる。
エクスプレスカードは申し込んでから到着までは約2〜3週間。基本的にはエクスプレスカードと専用のICカードが届けば予約すすことができる。

 

列車・座席の指定と変更ルール

座席を指定するのも、駅についてからわざわざ駅の窓口や券売機まで行かなくても、携帯から予約してICカードで乗車することができる。
自由席は座席を選択することはないが、指定席の予約時にはシートマップを見ながら座席を選び、喫煙席の近く、窓側、グリーン車最前列など自分の好きな座席を予約することができる。
また、急にスケジュールが変更になってしまった場合でも、駅の窓口等で切符を購入した場合には無料で変更できるのは1回のみだが、エクスプレス予約では携帯電話から手数料無しで何度でも予約変更が可能だ。

 

エクスプレス予約での乗車方法

エクスプレス予約では、基本的に会員本人であれば予約したきっぷを受け取りすることなく、EXーICカードで新幹線に乗車すると料金は安い。列車予約後、ICカードを改札にタッチすると座席の予約票が発券される。それを取って座席に座ればいい。
車内でのチケット確認の際は、その乗車票を見せればそれでOKだ。

 

エクスプレス予約のメリット

エクスプレス予約のメリットとして挙げておきたいのは、一年中割引料金で新幹線に乗れること。
回数券金券ショップの格安チケット割引きっぷの一部など年末年始やお盆は利用できないが、エクスプレス予約は利用可能だ。

 

また、エクスプレス予約を利用すると、乗車した区間ごとに所定のポイントが貯まる。ポイントが一定の数貯まると、そのポイントを利用して普通車の座席をグリーン車に無料グレードアップすることができる。ポイントに有効期限はあるが、年に何度も新幹線に乗る方は一度くらいはポイントでグリーン車に乗ることができるかもしれない。

 

さらに、3日前までに予約をすることによって、「IC早特」という早割サービスを受けることができるのもメリットの一つ。通常にきっぷを購入するよりも、かなりお得な料金できっぷを購入することができる。
例えば、東京−名古屋間なら、通常のきっぷは指定席で11,090円、エクスプレス予約のEX-ICなら10,110円だが、IC早特で予約すると9,770円。通常のきっぷよりも1,320円もお得。
しかも、IC早特ならグリーン車にも割引料金で乗れるので、通常料金の指定席と料金はさほど変わらない。

 

エクスプレスカードのメリット

エクスプレス予約に必要なエクスプレスカードには、東海道・山陽新幹線が割引になる以外にもメリットがある。
例えば、JR東海ツアーズの旅行商品をこのカードで払うと3%割引、JRグループのホテルにも10%割引で宿泊することができる。また、駅ビルやレンタカーでの優待サービスなどもついてくる。
ところが、エクスプレスカードで利用できる特典はそれだけではない。
エクスプレス予約でのポイントの他に、セディナカードのポイントも貯まり、「ワンダフルプレゼント21」でいろいろな商品やサービスの交換することができる。
ポイントは貯まればギフトカードなどにも変えられるので、ポイントに興味がない方にとってもお得感がある。
ここまでは、案内もわかりやすいので、利用すれば誰でもわかる特典だ。ところがエクスプレスカードの特典はこれだけではない。

 

エクスプレスカードを使うと「CFWebiew」というセディナカードのサービスを利用することになる。この中にもいろいろなサービスがあるが、中でも「シーエフクラブオフ」というサービスに注目したい。
このサービスは国内外20,000カ所以上の宿泊施設からレジャー施設まで優待価格で利用できるというもので、ガソリンスタンドでの給油料金も映画館での映画鑑賞料金も安くなる。エクスプレスカード会員になったら利用するサービスとしてお勧めしたい。

 

エクスプレス予約のデメリットは?

エクスプレス予約の利用方法やメリットをお伝えしてきたが、便利でお得なエクスプレス予約にもデメリットがある。
これから会員登録される方は、デメリットとも言えるいくつかの点を知った上で利用を検討したい。

専用カードと年会費が必要

エクスプレス予約を利用する上で、まず必要なのが専用のクレジットカード。
ご紹介した通りいくつかのメリットがあるが、「できればカードは増やしたくない」という方も多いだろう。
しかし、エクスプレスカードまたはJ-WESTカードがない限りエクスプレス予約を利用することはできない。
しかも、年会費1,080円がかかるので、あまり利用しない方にとってはメリットはない。
東京−名古屋を1往復すれば元は取れるが、年に一度の往復ではなかなかお得感は感じられない。

最安値ではない

東海道・山陽新幹線に割引料金で乗れるエクスプレス予約も、日帰りや片道での利用はお得。
しかし、往復&宿泊という一般的な新幹線旅行や出張で利用する時には、エクスプレス予約は最安値ではない
東京−大阪東京−広島など各区間別のページでもご紹介している通り、料金を比較すると、エクスプレス予約より新幹線ホテルパックの方がずっと安い

 

エクスプレス予約の会員の方であっても、宿泊を伴う新幹線旅行なら新幹線ホテルパックの方がお得!

 

往復&宿泊するならこちらがお得!

日本旅行新幹線ホテル

日本旅行「JR・新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線と宿泊を同時に予約するなら、ほとんどの区間で最安値。
往復&宿泊の新幹線旅行なら、まずエクスプレス予約よりはお得
特に東海道・山陽新幹線は料金が安く、出張・家族旅行にも利用可能。
3日前まで予約でき、予約したチケットは自宅に無料で配送。