モバイルSuica特急券で料金が安くなるのは?

JR東日本の会員制サービス「モバイルSuica」。
会員登録すると、携帯・スマホの端末で電車に乗ることもできる他、新幹線のきっぷを格安に購入することも可能。
これが「モバイルSuica特急券」。

 

モバイルSuica特急券で格安に乗ることができる新幹線は、東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線
さらに、モバイルSuicaを利用してエクスプレス予約会員になると、東海道・山陽新幹線も安く乗ることができる。

 

モバイルSuica特急券でできること

モバイルSuicaを持つことで、タッチ&ゴーで電車に乗ることができる。また、Suicaのマークがついてる店では、キャッシュレスで簡単に買い物をすることもできるので、急いでいるときにも便利。
モバイルSuica特急券は、インターネット上で予約した新幹線のチケットの情報を携帯情報端末にダウンロードすると、改札機に携帯情報端末をタッチするだけで新幹線に乗車することができる。
このモバイルSuica特急券の料金が安い
特に安い「スーパーモバトク」は、東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線で利用するなら、えきねっとの「お先にトクだ値」に次ぐ安さ。
別途会員登録と年会費は必要だが、エクスプレス予約も利用できるので、東京在住の方で、東北新幹線も東海道新幹線も利用する方にはお勧め。

モバイルSuica特急券を利用するには?

モバイルSuica特急券の利用には、クレジットカードの登録が必要で、モバイルSuica対応の携帯端末をとクレジットカードを用意し、モバイルSuicaにアクセスしてアプリをダウンロード。
アプリから簡単に会員登録することができるので、会員登録終了後からすぐに、モバイルSuicaの特典を利用することが可能。

モバイルSuicaの年会費は?

モバイルSuicaの年会費は1,030円。
ただし、ビューカードで会員登録すると年会費は無料
さらにポイントも大きく貯まるので、モバイルSuicaの利用にはビューカードが必須。
特に、「ビックカメラSuicaカード」を使うと、477円の年会費は初年度無料、2年目以降もカードを利用すれば無料。
モバイルSuica特急券も「ビックカメラSuicaカード」なら、実質年会費無料で購入できるのでお勧め。

 

モバイルSuica特急券はどれくらい安い?

モバイルSuica特急券を利用すると、東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線には通常料金より安く乗ることができる。
では、どれくらい安いのか?

通常料金と料金比較

東京−仙台なら、通常料金(指定席)10,890円が、「モバトク」で9,970円、「スーパーモバトク」で8,960円。
東京−秋田なら、通常料金(指定席)17,290円が、「モバトク」で15,540円、「スーパーモバトク」で13,510円。
東京−新潟なら、通常料金(指定席)10,570円が、「モバトク」で9,670円、「スーパーモバトク」で8,690円。

 

「モバトク」の割引率は10%前後、「スーパーモバトク」の割引率は20%前後。

 

えきねっとと比較

「えきねっとトクだ値」の設定は10%・15%割引、「お先にトクだ値」の割引率は25%・30%・35%。
「モバトク」と「えきねっとトクだ値」が同じくらい、「スーパーモバトク」より「お先にトクだ値」が安い。
「お先にトクだ値」は設定がある区間では安いが、設定のない区間で「スーパーモバトク」が利用できれば、おそらく片道料金は最安値になる。(北陸新幹線の東京−金沢など片道料金なら「スーパーモバトク」が安い)

 

「えきねっと」と「モバイルSuica特急券」の大きな違いは、切符の予約ができる人数
「えきねっと」は6人分まで予約できるが、「モバイルSuica特急券」は本人のみ
2人以上で新幹線に乗る場合は、「えきねっと」を利用するか、新幹線ホテルパックを利用した方が安い。

 

モバイルSuica特急券の最も賢い利用法

モバイルSuica特急券の購入には、モバイルSuicaへの登録が必要で年会費は1,030円。

 

重要なのでもう一度繰り返すが、ビューカードで会員登録すると年会費無料

 

そのビューカードも、ビックカメラSuicaカードはカードの年会費も実質無料
なので、年会費の負担なしに格安なモバイルSuica特急券を購入することができる。

 

JR東日本管内で定期券を利用するなら、年会費がかかっても「ビュー・スイカカード」がお得かもしれないが、そうでなければこの「ビックカメラSuicaカード」がお得。
この先、東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線に乗る方は、このカードでの利用が最も賢い。
その前に、入会時にポイントがもらえるという特典も見逃せない。

 

 

モバイルSuica特急券を利用すれば、東北・上越・北陸新幹線などに安く乗ることができる。
しかし、1人で「スーパーモバトク」を往復で利用した時が安いのであって、2人以上の旅行には新幹線ホテルパックの方が安いのは間違いない。