新幹線の子供料金

新幹線にも子供料金があり、運賃(乗車券)・特急券とも小学生の新幹線料金は大人の半額になり、未就学児童は無料。ただし、これは基本の設定であって、いろいろなケースで料金は変わるので注意が必要。

子供料金の対象年齢

乳幼児1歳未満から6歳までの未就学児は無料、子供は6歳から12歳の小学生、つまり12歳以上であっても小学生であれば半額で新幹線に乗れる。それ以上(中学生)になると大人と同じ料金になるが、学生の間は101キロ以上の距離であれば学割を使って新幹線に乗ることもできる。

指定席の子供料金は?

小学生のこどもの場合は、自由席も大人の半額、指定席も半額。小学生未満の未就学児の場合、自由席は無料で乗車することができるが、指定席を一人分取ると料金は小学生と同じく大人料金の半額。ここが混乱しやすいが、未就学児の切符も指定席を取ると子供料金がかかる
グリーン車・グランクラスには子供料金の設定はなく、子供がグリーン車やグランクラスに乗車する場合は、大人と同様の料金がかかる。ただし、大人と同様の料金がかかるのは、子供料金が存在しないグリーン車料金・グランクラス料金(特急券)のみで、子供の運賃自体は半額になる。

小学生未満の子供が無料なのは?

未就学児の新幹線料金が無料になるのには条件があり、料金を支払って乗車する乗客1人に対して無料になる未就学児は2人までという決まりがある。例えば、母が1人で未就学児を3人連れて乗りたい場合には、2人までは無料だがもう1人は有料。1人分の大人料金と、1人分の子供料金を支払う必要がある。
料金を支払って乗車するのが子供料金だったとしても、1人として数えられるので、子供料金子供に対して2人の未就学児は無料になる。小学生の子供が2人の幼稚園児を連れて新幹線の自由席に乗るなら、必要な料金は1人分の子供料金のみ。

 

 

家族旅行の費用を格安にするには?

子供料金のシステムを理解して上手に利用すれば、子連れの新幹線旅行はお得にすることができる。
帰省などでよく新幹線を利用される方は、すでにご存じかもしれないが、自由席を利用するとお得だ。

 

しかし混雑がひどい帰省時期の自由席は長距離の移動にはかなりつらい。
そんな時には指定席の利用ができる新幹線ホテルパックも検討してみてはいかがだろうか?
自由席に乗ったのと同じような格安料金で指定席を利用することができるので、座れないという心配も不要。

 

なお、家族での新幹線旅行も、小学生の子供を含む場合はもちろん、小学生未満の子供が1人なら、自由席を利用するより新幹線ホテルパックの方がまず安い。
指定席を利用するので、「座席に座れない…」という心配も不要。
宿泊を伴う新幹線旅行なら、自由席の座席確保のために駅のホームに並ぶよりも、新幹線ホテルパックの方が絶対的におススメ!

 

 

家族旅行におすすめの新幹線ホテルパック

日本旅行新幹線ホテル

日本旅行「JR・新幹線&宿泊」セットプラン

 

子供料金で切符を購入するよりも、このパックを子供料金で利用した方がお得!
子供だけでなく大人も安くなるので、合計料金で考えるとこちらの方が格安。
ネット予約したチケットは自宅に届くので、当日きっぷを購入する必要もなく、家族旅行には安心。