学割の活用で新幹線料金を格安に!

新幹線にも学割(学生割引乗車券)が存在している。
対象になるのは、通常は大人料金がかかる中学生・高校生・大学生・専門学校生など。
では、新幹線で学割を利用すると料金はどれくらい安くなるのだろうか?

 

学割の割引料金は?

新幹線の料金は乗車券プラス特急券の合計が基本だが、学割で割引になるのは、往復割引団体割引と同じく乗車券部分のみで、特急券は割引にはならない。学割で安くなるのは乗車券の2割。乗車券の金額から2割を引いた金額(1円単位の金額は切り捨て)に特急券料金を合わせた金額が、学割適用後の新幹線料金。乗車券の部分しか割引にはならないが、2割引は割引率としては大きく、ほとんどの区間で回数券新幹線格安チケットより安い。

料金の調べ方

では、学割を利用した時の料金は、どのように調べればいいのか?
JRのサイトやYahoo!路線情報で新幹線の料金を調べると、乗車券と特急券の料金を確認することができる。
学割の料金は自分で計算しなければならず、「乗車券部分を2割引して一円単位を切り捨てした料金に特急料金をプラス」で簡単に計算することができる。
なお、このサイト内では、各区間のページで学割の料金も記載しているので参考にしていただきたい。

 

学割の利用条件・手続き

学割が適用になるのは営業キロ数片道101キロ以上の距離で、3ヶ月の有効期間がある。また、使用目的が限定され、帰省・受験・課外活動・家族旅行などが認められる。
学割を利用するには、所属する学校に「学校学生生徒旅客運賃割引証(学割証)」の発行を申請し、学割証学生証を提示することによって、駅の窓口などで学割料金で新幹線のきっぷを購入することができる。
新幹線の学割は1人につき年間10枚までと制限があり、また一週間のうち2枚までしか発行されないという制限もある。夏休みなど複数回使用する予定がある時は、前もって準備をしておこう。

 

学割+往復割引で新幹線料金をさらに割引!

学割と往復割引は同時に使用することができる。往復割引を利用することで、さらに1割引になるので、約3割引(正確には28%の割引)で新幹線に乗ることができる。
しかし、往復割引を利用するには、営業キロ数が片道601キロ以上の場合に往復乗車券を同時に購入するという条件がある。当然、両方が適用されるのは両者の条件をクリアした場合のみ。

 

例えば、新大阪から博多間は622キロなので、往復割引を利用することができる。この区間の乗車券を同時に学割で購入すると、乗車券料金(9,610円)は学割で7,680円、さらに往復割引で6,910円になり片道で2,700円安くなる。
このような条件を知っているだけで新幹線料金はかなり安くなる。
新幹線で長距離を移動する学生の方は、学割で往復乗車券を購入することを覚えておこう。

 

学割よりもっと安く新幹線に乗りたい!

学割を利用すれば、乗車券は2割引。
さらに、往復割引が適用になる長距離区間の往復なら、3割引近い割引になる。
しかし、学生だからと言って、学割を利用すると新幹線に一番安く乗れるというわけではない
学生であっても、他にもっと安く新幹線に乗れる方法がある。

(例)名古屋−博多

名古屋−博多間は、600キロを超えるため往復割引・学割を同時に利用することができる。
往復割引・学割を利用した時の「のぞみ」指定席料金は、片道15,420円、往復で30,840円。

 

ところが、この区間にはこれより安い方法が2つある
1つは「のぞみ早特往復きっぷ」という割引きっぷで、7日前までの購入が必要だが、往復で28,800円。
そして、もう1つは新幹線ホテルパック
1泊往復&宿泊5,500円のホテルに泊まるプランの料金は、往復+1泊で30,200円
まずこれだけでも、学割・往復割引での往復料金より安い。
しかし、ここから宿泊料金を引くと、片道の新幹線料金は12,350円なので、学割・往復割引よりも「のぞみ早特往復きっぷ」よりも安い。

 

ホテルパックという性質上、実家への帰省に利用するものではないが、ディズニー・USJへの新幹線旅行、京都や東京への観光旅行で利用しても、まず学割を利用するより安い!
学割を利用しても安くなるのは間違いないが、新幹線旅行の際は必ず事前に料金を比較しよう。

 

 

おすすめの格安新幹線ホテルパック

日本旅行新幹線ホテル

日本旅行「新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復&宿泊の新幹線旅行なら、学割を利用するより安く、予約も簡単!
新幹線・ホテルの選択肢も多く、予約したチケットは全て自宅に郵送してくれるので、当日の切符購入は不要。
往復・1泊で新幹線を利用するなら、ほとんどの区間で最安値