新幹線ホテルパックで新幹線料金が格安!

往復の新幹線とホテルを同時に予約することができる新幹線ホテルパック。
利用するパックを選べば、全国ほとんど路線で利用することができ新幹線料金は格安!

 

東京・大阪・名古屋への旅行や出張、京都・広島・金沢への観光旅行、ディズニー・USJへの旅行など…。
同じ区間を往復し行き先で宿泊する旅行や出張なら、基本的には新幹線ホテルパックを利用するのが最も安い。
実際、利用者が多い東京−名古屋東京−新大阪東京−広島など、新幹線料金を比較してみても、最も安いのは新幹線ホテルパック。

 

では、新幹線ホテルパックにはどのようなメリットがあり、どんなルールがあるのか?

 

 

新幹線ホテルパックのおすすめはこれ!

日本旅行新幹線ホテル

日本旅行「JR・新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線・ホテルの同時予約が可能で料金は格安!
全国の新幹線で利用でき、ほとんどの区間で他の方法より安い!
特に東海道・山陽新幹線に乗る方は必ず料金をチェックしておきたい。
新幹線・ホテルの選択肢も多く、予約したチケットが自宅に届くのも安心。

 

新幹線ホテルパックはどう利用すればいい?

新幹線ホテルパックは、往復の新幹線と宿泊がセットになっている。
◎往復同じ区間で新幹線を利用する
◎行き先でホテル等に宿泊する
といった、往復&宿泊の新幹線旅行なら利用することができ、またいろいろな形に応用することができる。

 

利用できないケースは?

×日帰りの新幹線利用
×ホテルの予約をしない1泊旅行
×片道のみ新幹線で片道は違う交通手段

このような形の新幹線利用時には、新幹線ホテルパックを利用することはできない。
しかし、これ以外の宿泊する新幹線旅行や出張なら、料金も安くようようした使い方もできる。
では、新幹線ホテルパックにはどんなメリットや特徴があるのかまとめてご紹介したい。

 

格安新幹線ホテルパックはメリットが多い!

1.全国の新幹線に乗れる

新幹線には多くの割引きっぷもあり、またエクスプレス予約えきねっとなど会員制新幹線予約などを利用しても料金を安くすることができる。
しかし、これらは、1つのサービスで全国の新幹線に安く乗れるわけではなく、割引になる新幹線は限られている。
ところが、新幹線ホテルパック(日本旅行「JR・新幹線&宿泊」セットプラン)は全国ほとんどの新幹線に乗ることができ料金も安くなる。

2.1人でも家族旅行でも使える

新幹線ホテルパックは、まず2人以上で利用するなら全国どの新幹線でもまず最安値で乗れる。
子ども料金も設定されているので家族旅行で利用すると料金はかなりお得!
当然、大人2人だけの旅行も安いが、ビジネス利用者が多い区間なら1人で利用しても安い。
一人旅や出張時に利用しても、エクスプレス予約などを利用するより安い。

3.ネット予約で指定席を確保できる

ホテルは旅行予約サイトを利用すればどんなホテルでも簡単に予約することができる。
しかし、新幹線のチケットは会員制新幹線予約に登録していない限り予約することはできない。
ところが、新幹線ホテルパックは新幹線・ホテルの両方を同時にネット予約することができる。
チケットを手配してくれるのは旅行会社だが、空席がない場合は違う列車を提案してくれる。

4.チケットが事前に届く

新幹線ホテルパックでネット予約した新幹線のチケットは出発までに指定した場所に届く。
この時には列車と座席が指定されているので、このチケットさえ持っていけば間違いなく新幹線に乗ることができ、乗車当日はチケットを購入する必要がない。

5.早期予約から直前予約もOK

通常、新幹線のきっぷは乗車日の1ヶ月前からしか購入することはできない。
ところが、新幹線ホテルパックは2ヶ月前でも予約することができ、しかも早割プランで料金が安くなっている。
また、出発3日前までの直前予約も可能で、出発までにはチケットを送ってくれる。

6.連泊も1泊3日もOK

新幹線ホテルパックは1泊・2泊の新幹線旅行はもちろん、4泊・5泊の連泊予約もできる。
また、行き先で1泊さえ予約すればいいので、1泊3日・4日という予約も簡単。
これを応用して、ディズニー&東京旅行、京都&大阪旅行も簡単に予約ができる。

7.何と言っても格安!

新幹線ホテルパックの最大のメリットは料金が安いこと。
学割往復割引回数券新幹線格安チケットなど、新幹線に安く乗れるいろいろな方法よりも、合計料金から宿泊費を引いた実質の新幹線料金は新幹線ホテルパックが最も安い
東京−仙台は1人なら「お先にトクだ値」の往復、東京−金沢は1人なら「スーパーモバトク」の往復の方が安いなど一部例外はあるが、それ以外は新幹線ホテルパックを利用した時の新幹線料金が最安値であることが多い。

 

では、他の割引きっぷや会員制予約よりも本当に安いのか?
いくつかの区間を例に料金を比較してみよう。

 

新幹線ホテルパックは他の方法より安い?

新幹線ホテルパックは他の割引きっぷや会員制予約より安いのか?
各区間のページでは全ての新幹線料金を比較しているが、その内いくつかの区間を例に料金を確認してみたい。

【例】新横浜−新大阪

新横浜−新大阪では、エクスプレス予約・ぷらっとこだま・学割も利用が可能。
片道料金は、エクスプレス予約13,040円(EX早特21:10,900円)、学割自由席11,600円、ぷらっとこだま10,200円。
これに対し、新幹線ホテルパックで1泊5,200円のホテルを利用するパック料金は25,400円。
宿泊費を引いた新幹線料金は10,100円とぷらっとこだまよりも安い。

 

【例】東京−仙台

この区間では、えきねっと・モバイルSuica特急券・学割も利用可能。
片道料金は、学割自由席9,180円、モバイルSuica特急券スーパーモバトク8,960円、えきねっと(お先にトクだ値35)7,070円とお先にトクだ値が安い。
新幹線ホテルパックは、1泊7,100円のホテルに泊まるとパック料金は23,500円、2人で予約すれば20,700円になる。1人の時には片道8,200円だった新幹線料金も、2人で予約するパックでは6,800円となり、お先にトクだ値よりも安くなる。

 

【例】新大阪−博多

新大阪−博多では、往復割引・学割・エクスプレス予約・新幹線福岡割引きっぷ・スーパー早特きっぷ・こだまスーパー早特きっぷなども利用可能。
片道料金は、往復割引指定席14,340円、学割指定席13,380円、新幹線福岡・大阪割引きっぷ13,470円、学割&往復割引指定席12,610円、エクスプレス予約13,240円(EX早特平日11,780円)、スーパー早特きっぷ10,290円、こだまスーパー早特きっぷ8,500円。
新幹線ホテルパックを利用した時の新幹線料金は、1名利用でのぞみ片道10,300円、2名利用時なら9,200円、こだまなら7,200円。1名利用時はスーパー早特きっぷの方が20円安いが、その他は新幹線ホテルパックの方が安い。

 

 

このように、全国いろいろな区間で新感線ホテルパックを利用すると新幹線料金は最安値にすることができる。
「新幹線料金を格安にしたい!」と思ったら、必ず新幹線ホテルパックの料金は確認しよう!

 

格安な新幹線ホテルパックはこれ!

日本旅行新幹線ホテル

日本旅行「JR・新幹線&宿泊」セットプラン

 

往復新幹線・ホテルの同時予約が可能で料金は格安!
全国の新幹線で利用でき、ほとんどの区間で他の方法より安い!
特に東海道・山陽新幹線に乗る方は必ず料金をチェックしておきたい。
新幹線・ホテルの選択肢も多く、予約したチケットが自宅に届くのも安心。