金券ショップの新幹線格安チケットを有効利用!

駅の近くや繁華街にある金券ショップで売っている新幹線格安チケット。
最も手軽に簡単に購入できる安売りチケットとして知られているが、実は金券ショップで売られてる新幹線の格安チケットは、基本的に回数券がバラ売りされているものがほとんど。
新幹線の回数券は利用上のルールや制限がいくつかあり、これを利用する時にはいくつか確認しなければならない点もあるので、まずは注意点を理解しておこう!

 

往復&宿泊するなら、新幹線料金はこれが格安!

日本旅行新幹線ホテル

新幹線ホテルパック

 

往復新幹線と宿泊を同時に予約するなら、ほとんどの区間で最も格安!
往復&宿泊の新幹線旅行なら、格安チケットや他の割引きっぷよりお得
特に東海道・山陽新幹線は料金が安く、出張・家族旅行にも利用可能。
3日前まで予約でき、予約したチケットは自宅に無料で配送。

 

新幹線格安チケット利用の注意点

利用期間の制限

1つ目の注意点として利用できる日にちに制限がある
回数券は発行日から3ヶ月以内が有効期限なので、いつまで利用できるチケットなのかの確認が必要。また、GWやお盆の時期、そして年末年始などの時期には利用できないので、その時期に新幹線を利用する方は、金券ショップで買った新幹線格安チケットは使えない。

種類の確認

売られてるチケットが、指定席のものなのか自由席のものなのかも確認して購入する必要がある。
指定席のチケットなら乗車前に必ず指定席を指定する必要があり、駅の窓口や、指定席券売機で席を指定席券を発行しなければ座席を確保することはできない。乗車の1か月前の10時から(例えば、9月1日に乗車したい場合には、1ヶ月前の8月1日の午前10時から)指定席を取ることができるので、特に人数が多い場合など予定が決まっていれば早めに指定席を取っておこう。
また、自由席用チケットの場合はそのまま改札を通ることができるが、指定席への変更はできない。
その他にも、区間によっては回数券以外の「割引きっぷ」が販売されていることがある。その場合は、またルールが違うので別途確認が必要だ。

料金の確認

金券ショップでは、「○○円の割引」などと書かれているが、正規の料金からの割引額が書かれているので、他の格安きっぷよりも高い場合が多い。お得なきっぷや会員制割引予約などの料金と比較してから購入を検討しよう。
特に、宿泊を伴う新幹線旅行に行く方は、新幹線ホテルパックを利用した方が数段安い

販売区間の確認

金券ショップでは最寄駅からのチケットしか扱っていないのが一般的で、例えば、大阪の金券ショップでは東北新幹線のチケットが買えないのはもちろん、東京−名古屋東京−広島間のチケットを購入することもできない。

支払い方法の確認

金券ショップでの支払い方法は現金が一般的で、カード払い可能な店舗はほとんどない。
クレジットカードでの支払いはできないと思っておいた方がいい。

 

新幹線格安チケットはこんな時にお得!

金券ショップの新幹線格安チケットを購入して間違いなく得するケースがある。
しかし、これ以外の時には、残念ながらそれほどお得感はない

当日の購入

当日チケットを購入する場合、料金が安くなる方法は往復割引などのJRの割引制度、エクスプレス予約などの会員制割引予約、駅で購入できるごく一部の割引きっぷ、金券ショップの新幹線格安チケットにほぼ限定される。
そんな中、最も手軽に誰でも購入できるのが新幹線格安チケット。
利用できない期間を除けば、当日に購入しても多少安くなる。

片道のみの新幹線利用

往復新幹線を利用するのであれば、他に安い方法はいくつもある。
しかし、片道となると、会員制割引予約を除けば、やはり最も簡単なのは新幹線格安チケット。
ただし、東京−金沢など格安チケットが販売されていない区間もあるので注意が必要。

 

逆に、新幹線格安チケットを使うと損なケースがあるので紹介しておきたい。

 

格安チケットを使うと損なケース

■宿泊する場合⇒新幹線ホテルパックの方がお得
■事前購入ができる場合⇒お得なきっぷなど早割
■よく新幹線に乗る⇒会員制割引予約

特に宿泊を伴う新幹線旅行は、新幹線ホテルパックを使うとずっと格安なので、そちらをチェックしておこう!

 

 

往復&宿泊する方は、こちらが格安!

日本旅行新幹線ホテル

新幹線ホテルパック

 

往復新幹線と宿泊を同時に予約すると、料金は抜群に格安!
同一区間の往復・宿泊なら、格安チケットよりこちらがお得
特に東海道・山陽新幹線は料金が安く、早く予約すれば大型連休でも安い!
予約したチケットを自宅に送ってもらえるのも魅力。