株主優待券で新幹線料金が割引!

新幹線を運行するJR東日本、JR西日本、JR東海では、株主割引優待券を発行している。
これらの株主割引優待券を利用すると、割引料金でJRの列車や新幹線に乗ることができる。JR株主割引優待券は、そのまま乗車することができるものではなく、JRの窓口などで提示することによって、割引価格できっぷを購入することができるというものだ。

 

この株主優待券は、持っている優待券によって乗れる路線が違うので注意しなければならない。では、どの優待券でどの路線で利用できるのか、また、どれくらい割引になるのかご紹介しよう。

 

JR東日本

JR東日本の株主優待券で割引になる新幹線は、JR東日本営業路線内の新幹線で東北・上越・山形・秋田・長野新幹線がこれに含まれる。株主優待券1枚につき片道運賃・料金が2割引になる。2枚まで同時に利用することができるので、2枚使えば4割引なのでかなりお得に新幹線に乗車することができる。ただし、グリーン車では利用できるが、グランクラスは割引対象外。

 

JR東海

JR東海の株主優待券で割引になる新幹線は、東海道新幹線の東京から新大阪間。株主優待券でこの区間を超えて博多方面へ行く場合、新大阪から先は別での切符購入が必要。
JR東海の割引率は、株主優待券1枚につき片道運賃・料金が1割引。2枚まで同時に利用可能なので、最大で2割引で乗車することができる。
割引の少ない東京と新大阪間にあって、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始を含め、一年中いつでも利用可能だが、割引率は低い。

 

JR西日本

JR西日本の株主優待券で割引になる新幹線は、新大阪から博多までの山陽新幹線。新幹線から在来線を乗り継いでも割引は効く。
JR西日本は最も割引率が高く、株主優待券1枚につきなんと片道運賃・料金が5割引。ただし、複数の同時使用はできない。

 

株主優待券のルール

株主優待券で割引になるのは、運賃の他、特急券、急行券、グリーン券、指定券でもちろん自由席でも使える。
学割往復割引団体割引乗継割引身体障害者割引シニア割引などその他の割引や、「お得なきっぷ」「トクトクきっぷ」などの割引きっぷとは併用することができない。
また、厳しいと思われるルールもあり、そのJR各社内の路線のみ有効。つまり、JR東日本とJR東海のエリアをまたがって利用することははできないので長距離での利用には向いていない。
具体的には、乗り換えがない東海道・山陽新幹線でも、新大阪を超える東京〜新神戸間などでは基本的に利用できないので、金券ショップで新幹線格安チケットを購入した方が楽だ。

 

有効期間は、6月1日から翌年の5月31日までの1年間で、回数券などと比べても有効期限は長く、繁忙期であっても利用できない日はない。
株主優待割引券は有効期間内に切符を購入すればよく、この期間内に乗車券を購入しておけば、株主優待割引券の期限が切れてても乗車券の期限が有効なら割引料金で利用することができる。ただし、特急券を期限後に購入した場合は、特急券については割引にはならない。

 

株主優待券入手法

新幹線料金がお得になる株主優待割引券は、株主に対して毎年決算が終わった後に送られてくるが、持株数によってもらえる枚数が違い3社とも最低枚数は100株で1枚。
株主優待券は株主でなくても入手することができる。売っているのは金券ショップやヤフオク。
購入は簡単だが、割引率が大きいJR西日本の株主優待券以外は「本当にお得なのか?」計算してから慎重に購入することをおススメしたい。