障害者割引を利用して新幹線に乗るには?

JRには障害のある方向けの割引制度がある。障害のある方でも新幹線に乗れるよう、乗降時に補助してもらうことも可能だ。
障害のある方の中で、第1種身体障害者の方、第2種身体障害者の方は、片道の距離が100キロを超える場合には運賃(乗車券)を5割引の料金で購入することができる。また、第1種身体障害者の方だけではなく、介護者の方も、普通乗車券、回数乗車券、普通急行券、定期乗車券を5割引の料金で購入することができる。12歳未満の第2種身体障害者の方と介護者の方は、同じく定期乗車券を5割引の料金で購入することが可能。第1種の方で介護者同伴の場合には、介護者ともに100キロ以内でも割引適用になる。

 

割引になるのは、往復割引団体割引と同じく、新幹線の乗車券の部分であり、特急券部分は割引にならない。したがって、料金を計算する時には、乗車券と特急券の料金を分け、乗車券の半額に特急券の料金をプラスして計算しなければならない。

 

障害者割引を適用させるためには、障害者手帳の提示が必要なので、障害者割引で切符が購入できる場所は駅の窓口のみ。通常の割引きっぷは旅行会社などでも購入できるが、障害者割引きっぷは旅行会社の窓口では購入できないので注意が必要だ。

 

障害者割引できっぷを購入する時に必要なのは障害者手帳の提示。手帳の提示がないと、障害者割引でのきっぷ購入ができない。また、介護をする方の割引が適用されるためには、障害者の方と同一区間の乗車が必要で、必ず同一行程でのきっぷを購入しなければならない。

 

 

新幹線の駅の改札付近の階段にはスロープが設けられ、ホームまではエレベーターの設置工事が進んでいる。列車への乗降時には係員が補助してくれるので、車いすを使用する方も新幹線は利用しやすい環境が作られてきている。