e5489で山陽・九州新幹線に乗る

e5489とは、JR西日本のインターネット予約サービスで、あらかじめインターネットで予約したきっぷを、駅などで受け取るサービス。
基本的には「えきねっと」と同じく、手持ちのクレジットカードを利用して新幹線の予約ができる。

 

まずは、この「e5489」について簡単にご紹介したい。

 

切符の予約・受取り

e5489ではパソコン、携帯などから、インターネット上の会員ページで新幹線を予約することができる。
一度の操作で、最大6人分まで予約できるので、家族旅行や出張で利用する切符予約も可能。
きっぷの受け取りは、みどりの窓口や、指定席券売機で受け取ることができ、急いでる時でも指定席券売機で受け取りをするとスムーズ。
ただし、受け取りができる駅には制限があり、受け取りが可能なのかを調べておく必要がある。特にJR東海、JR東日本などのJR西日本のエリア外の駅では受け取りすることができない駅があるので注意が必要。

 

便利さ・メリット

e5489で「J-WESTネット会員」になると、列車発車の6分前までネット上から手数料なしで何度でも変更が可能。
また、シートマップを利用して、好きな座席を前もって予約しておくこともできる。
そして、きっぷ発売開始日の一週間前から、「事前申込サービス」できっぷを事前申し込みすることができるので、帰省時期など、どうしても座席を早めに確保したい場合には有効に利用することができる。

 

J-WESTカードでさらに!

さらに、「J-WESTカード」というJR西日本の発行するカードを発行すると、よりお得に新幹線に乗車することができる。
このカード会員限定の「eきっぷ」「e早特」などお得な切符全てを購入することができるので、在来線の特急や九州方面への料金も安くなる。また、このカードがあれば「エクスプレス予約」を使って東海道新幹線にも割引料金で乗ることができる。

 

e5489は手持ちのカードで使える便利さがあるが、「J-WESTカード」を用意してこそ、本来のお得感を実感することができる。
山陽・九州新幹線にも乗るが、東京・名古屋方面への東海道新幹線に乗る回数も多い方は、「J-WESTカード」でエクスプレス予約を利用できる環境を作っておきたい。

 

ただし、「同一区間往復+宿泊」の新幹線旅行に行く方は、このような専用カードの年会費を負担するよりも、新幹線ホテルパックを利用した方が料金はずっとお得!